2013年9月30日月曜日

ブラック企業

現在、ブラック企業という言葉が「流行って」いる。でも、きちんと定義することなく使われているような気がしてならない。そこで、それらしき定義を探ることにした。


1、ブラック企業被害対策弁護団(2013年7月31日発表の弁護団設立趣旨文)によると、ブラック企業の定義について次のように述べている。

 
広義にとらえると、「違法な労働を強い、労働者の心身を危険にさらす企業」

狭義には「新興産業において、若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使い潰し、次々と離職に追い込む成長大企業」


http://black-taisaku-bengodan.jp/counsel/%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e8%b6%a3%e6%97%a8/


2、次に、厚生労働省はどう定義しているかを探してみると、ブラック企業という言葉自体はどこにも見当たらない。ただ、「若者の『使い捨て』が疑われる企業等への取組を強化」の中に、「若者の「使い捨て」が疑われる企業等が社会で大きな問題となっていることを受けて」対策を行っていることを発表している。

これによると、
1)長時間労働の抑制への集中的取組
2)相談対応
3)職場のパワーハラスメントの予防・解決

の3点の取組みを対策として挙げている。


3、巷で使われているブラック企業という使われ方は、ブラック企業被害対策弁護団の定義の中での狭義の意味、「新興産業において、若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使い潰し、次々と離職に追い込む成長大企業」から広義の意味、つまり「違法な労働を強い、労働者の心身を危険にさらす企業」へと移り、そして今は「違法な労働」がある企業についてもブラック企業と呼ぶ「風潮」にある。


4、私の現時点での認識としては、せめて「違法な労働を強い、労働者の心身を危険にさらす企業」ぐらいまでにしておかないと、本当のブラック企業を「追及」できないと思うが、いかがであろうか。。。








 

0 件のコメント:

コメントを投稿