2013年11月9日土曜日

限定正社員

最近、いろんなところで限定正社員という記事などを目にするようになったが、個人的にはこのような呼称については、抵抗感というか違和感があった。そのような中、先月末に、大阪で非正規雇用関係の研修会に参加してきた。講師は、経営者側と自認しているI弁護士である。


I弁護士によれば、正社員とは、1)正社員の呼称で雇用され、2)基幹的、恒常的業務がある企業に直接雇用され、3)契約期間の定めがなく、4)フルタイム労働し、5)一定の待遇保障と継続的教育研修を受けるという特徴を持った者であると定義され、


今年4月から適用が始まっている通算契約期間が5年を超えた場合に、労働者からの申し出により無期に転換する労働者は、上記定義によれば、3)の契約期間の定めがないという部分と場合によっては、4)のフルタイム労働を充足する場合があるが5つ全部を充たすことはないし、


ついこの前まで、5年でなんとか契約を終了するためにどうしたらよいかという視点でいろいろ考えてきたが、根本的に考えを改めることにし、結局、就業規則の整備を行えば、この労働契約法の改正趣旨に沿った対応は出来るとの結論に達し、


従って、期間の定めのある社員については、雇い止めをするのであれば雇用開始1、2年で決着をつけるべきで、もし5年を超える社員が今後出てきたとしても正社員との歴然とした違いが明確が就業規則等に規定されておれば、恐れるに足りない


というような趣旨のことを話された。この研修は、1泊2日、10時間のセミナーだったが、私としては、すごく納得し、充実した研修になった。もっとも、この研修内容を私がどのように日常の業務に活かしてゆくかが、今後問われてゆくことになるのだが。


結構なお金と時間を費やしたのだから、この成果を無駄にしないために、まずは。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿