2014年6月26日木曜日

年次有給休暇 その1

今年の初めに年次有給休暇について投稿(先日、削除)してから約半年が過ぎた。この間の研修や学習の中でいくつか修正もしくは整理する必要が出てきている。


修正若しくは整理する必要があるのは、主に労働日と通常賃金についての考え方なのだが、かなり学習したつもりだったのだが、不十分だったと言わざるを得ない。


特に、夜勤を伴う場合の年次有給休暇については修正する必要があると考えている。そこで、労働法コンメンタールを参考にしながら何回かに分けて投稿したい。


まず、今回は労働日の考え方である。労働基準法上、労働日とは、原則として暦日計算による。従って、夜勤の場合、夜勤明けの日の勤務を免除したとしても休日とはならない。


18時から翌日の9時までのような夜勤勤務の場合の年次有給休暇を考えると、一勤務が属する二暦日は二労働日と計算され、もしこの夜勤勤務の免除としての年次有給休暇は二労働日とカウントされる。

一方、この労働日の考え方は、労働時間を計算する場合と少し違うので、注意が必要である。つまり、原則は暦日計算によるが、夜勤勤務のような場合は、例外として取り扱われる。


労働時間を考える場合の行政解釈は、労働法コンメンタールによれば以下のとおりである。
「他の条項におけると同様に、『一日』とは、原則として、午前零時から午後一二時までのいわゆる暦日を意味する。」。「特別な規定がない以上、それは民法上の一般原則に従って、午前零時から午後一二時までの意であると解すべきである」。


「しかしながら、一勤務が二暦日にまたがる場合をどのように解するかという問題がある。(中略)
これについて、解釈例規は、『継続勤務が二暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも一勤務として取り扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の『一日』の労働とする』(其発第一号)。」つまり、これは、あくまで例外なのである。


この労働日の考え方の原則と例外を混同してはならないのである。当たり前ではあるが、年次有給休暇の場合も原則が生きるのである。




0 件のコメント:

コメントを投稿